「フォーデイズの挑戦」

新核酸ドリンクの凄さを詳しくご紹介!

進化1

進化1

こだわりの製法。「S2014ヌクレゲン」2割※1増量。

  • こだわりの製法で生み出されたサケ白子抽出物「S2014ヌクレゲン」。
  • 含有量も従来のサケ白子抽出物「Sヌクレゲン」に比べ2割増量。
  • サケの白子本来の有用成分を余すところなく引き出すため、抽出過程の熱処理技術を改良し、種々の有用成分を破壊せず抽出・水溶化することに成功。
  • 「S2014ヌクレゲン」は、従来の「Sヌクレゲン」に比べ、ポリアミンを約1.5倍含有。

  ※1:当社従来の「Sヌクレゲン」比。

従来の「Sヌクレゲン」と「S2014ヌクレゲン」に含まれるポリアミン量の比較

従来の「Sヌクレゲン」と「S2014ヌクレゲン」に含まれるポリアミン量の比較

ポリアミンとは

母乳などに含まれる細胞分裂やタンパク質合成などに関与する成長因子。
スペルミン、スペルミジン、プトレシンの3種がよく知られていますが、「S2014ヌクレゲン」は、そのなかでも機能性が高いといわれているスペルミンやスペルミジンを「Sヌクレゲン」に比べ多く含みます。

ビックリマーク

【Sヌクレゲン ポリアミン比較】

プトレシン: スペルミジン:スペルミン=10.0:1.8:0.2

【S2014ヌクレゲン ポリアミン比較】

プトレシン:スペルミジン:スペルミン=10.0:7.8:1.5

進化2

進化2

「Newコラーゲン」採用。コラーゲン含有量1割※2増量。

  • コラーゲンの配合を変更し、1番抽出コラーゲンのみを使用。
  • 1番抽出コラーゲンは精製度が高く、色も白色。においも少ない。

  ※2:当社従来のコラーゲン比。

コラーゲンの抽出種別の特長比較

新核酸ドリンクに使用するコラーゲン,一般的に使用されているコラーゲン
従来の「Sヌクレゲン」と「S2014ヌクレゲン」に含まれるポリアミン量の比較

進化3

進化3

「希少糖」の採用と糖質バランスの改善。

糖の配合を再調節することで、これまでよりカロリーに配慮しました。

「希少糖とは」

自然界に存在量が少ない糖のことです。
その主要成分は「D-プシコース」。 香川大学を中心に研究・開発が進められています。

1999年~2005年 2005年~2014年 2014年~
カロリー(720ml中) 734.4kcal 604.8kcal 496.8kcal
甘味 蜂蜜、
パイナップル果汁
蜂蜜、
パイナップル果汁、
エリスリトール、
スクラロース
エリスリトール、
スクラロース
カロリー
(720ml
中)
甘味
1999年~2005年 734.4kcal 蜂蜜、パイナップル果汁
2005年~2014年 604.8kcal 蜂蜜、パイナップル果汁蜂蜜、パイナップル果汁、
エリスリトール、
スクラロース
2014年~ 496.8kcal エリスリトール、
スクラロース

核酸ドリンク  カロリー変遷

核酸ドリンク カロリーダウン変遷

  • 1999年~2005年
  • 2005年~2014年
  • 2014年新核酸ドリンク

進化4

進化4

バランスの良いビタミン配合。

これまでの「ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC」に加え、新たに補酵素の構成成分として「パントテン酸、ナイアシン、葉酸」をバランス良く配合。
さらなるビタミンバランスの向上につなげました。

詳細情報画面を閉じる